金券やチケットを転売するに際しての注意点

近年、プレゼントや贈答品として第3者に贈与する金券ですが実は金券を転売にて売買することは可能な上、実は罪に問われることはないのです。これは金券を高額で売るという行為も問題はないということになりますが、問題としては高額になった金券を第3者が購入するかという問題、金券をどのようにして安く入手するかという問題です。その為多くは金券ではなく株主優待券やチケットを転売するのです。株主優待券ですが実は、お願いとして株主である方が使用してくださいという注意書きがあるだけで第3者が使用しても問題が無いこともあり、転売されている優待券もあります。優待券の入手ですが普通にインターネットのオークションなどで入手が可能で入手した物を転売して利益を得るということです。ただ、株主優待券も注意すべきポイントはあります。これは、株主の名義が入っており本人しか使えない物は本人しか使うことができず、第3者が所有していいても何の効果も得られないのです。株主優待券は何故人気があるかと言いますと、持っているだけでその企業から恩恵を受けることができるため人気があり、それら株主優待券を売買することで利益を得ている方々もいるということです。最後のチケットの転売ですが、これについてはかなり難しく、ジャンルによって取り締まりがあり転売をすることができないこともありますのであまりお勧めできない転売です。チケジャムなどではチケットを売買することができるエリアがあり人気アーティストなどのチケットを売買することが可能ですが、値段が高すぎる場合、高額転売としてみなされ転売目的であると分り次第出品が停止されるためチケットの売買については周囲のファンの方が騒ぎ始めると運営側も真相を確認するために動き出し、真相がわかり次第転売であると分ると売買を注視させることができるため有名なアーティストやイベントが高額で転売できないのはそこにあるのです。ですが、転売できるチケットも存在していて高額とまではいきませんがある程度利益を得ることができる転売チケットもあるのですがやはり初心者の方にはお勧めできる転売ではないです。今回紹介した転売において一番、転売において安全性が高い部類のジャンルは金券類を安く仕入れ高額で売買することが安全でチケットと比較すると制約が緩く株主優待券も同様に制約が緩いので初心者の方はまず、身近にある金券から転売で利益を得ると良いでしょう。