「未分類」カテゴリーアーカイブ

欧州関連の外貨のメリットとは

FXでは、ヨーロッパ関連の通貨で取引する事もできます。ドルなどの通貨でなく、欧州関連の通貨に注目している方も少なくありません。欧州関連の通貨は比較的よく動きますから、利益が発生する機会も多いです。

比較的よく動くヨーロッパの通貨

ヨーロッパ関連の通貨と言えば、ユーロやポンドなどがあります。前者はヨーロッパの幅広い国々で採用されている共通通貨であり、後者のポンドはイギリスで流通しているのです。
その2つの通貨には共通点があって、比較的よく動く傾向があります。1日に2円ぐらい動くケースも多々ありますから、注目している方も多いです。
そもそもデイトレなどの短期売買の場合は、大きく動いてくれる方が取引しやすい一面もあります。一気に大きく動いてくれた時に、トレンドの波に乗ることができれば、比較的大きな利益が生じる事もあるからです。
ただ通貨によっては、あまり大きく動かない事があります。各通貨の特性をよく見極めた上で、取引している方も多いです。

動きが比較的緩やかな外貨

あまり動かない通貨といえば、南アフリカランド円などがあります。ランド円という外貨の場合、そもそもレートの数字自体がかなり低めです。それこそ10円未満のレートになっていますから、あまり動かない特性があります。たとえ1日経過しても、せいぜい0.05円程度しか動かない事も多いです。それだけにランド円は、長期売買で活用されている傾向があります。
米ドル円の場合は、そこそこ動く特性はあります。アメリカに関する重要なニュースが報道された時は、1.5円ぐらい動くケースも実際あります。
しかし大きな動きが発生する頻度は、それほど多くありません。トレンドは発生しづらい特性もあります。

大きく動く以上はハイリスクになる

ところがポンドやユーロなどの外貨の場合は、かなり大きく動きます。上述のように、1日に2円ぐらい動くケースも実際ありますし、大きなニュースが流れた時には4円ぐらい動く事もあるのです。それだけに積極的に取引したいなら、ヨーロッパ関連の外貨は前向きに検討してみる価値があります。
ただレートの動きが大きいという事は、それだけリスクも大きくなります。一気に大きく動く以上は、損失額も大きくなってしまう事もありますから、注意が必要です。
しかしFXは、リスク対策を施すこともできます。枚数調整などを丁寧に行えば、比較的ローリスクで取引する事も可能です。丁寧に売買すれば、比較的細かく利益を取ることもできますし、ヨーロッパの外貨に注目している方は多いです。